【ビジネスワイヤ】スイスの血漿(けっしょう)製剤大手オクタファルマは、同社のヒト細胞株由来組み換え型第VIII因子「Nuwiq」で血友病Aを治療する臨床試験NuProtectの最終データを第27回国際血栓止血学会(ISTH)で発表した。試験では、治療歴のない血友病A患者108人における高力価インヒビターの累積発現率は17.6%で、Nuwiqの忍容性は良好だった。学会では標準の免疫寛容導入(ITI)療法を、第VIII因子とエミシズマブを併用した新規ITI療法などと比較するMOTIVATE試験などについても紹介された。(C)時事通信社