【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、社会的責任投資(SRI)指数2種に10年以上連続で選定されたと発表した。同社は「FTSE4Good Developed Index」に15年連続、「MSCI ESG Leaders Index」に10年連続で選定された。これらの指数は環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)に関する世界基準を満たす企業を構成銘柄として選定したもの。同社はFTSE指数の「気候変動」、「顧客責任」、「コーポレートガバナンス」の項目で高く評価され、ESGの全項目で製薬業界と日本国内の平均を大きく上回った。MSCI指数では「物質排出量の環境への影響」、「ヘルスケアへのアクセスの改善」、「腐敗防止」に関する取り組みが高く評価された。(C)時事通信社