住友ゴム工業(神戸市)の元従業員7人がアスベスト(石綿)を含むタルク粉じんなどが原因で関連疾患を発症し死亡するなどしたとして、遺族らが同社に計約1億3300万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪高裁は19日、5人に対し約5900万円の支払いを命じた一審神戸地裁判決を変更、7人全員に計約1億円を支払うよう命じた。
 江口とし子裁判長は、1960年時点で同社は「高濃度のタルク粉じんの飛散、石綿の危険性を熟知し、具体的に生命、健康への危険性を予見していた」と述べ、安全配慮義務違反を認めた。 (C)時事通信社