【ビジネスワイヤ】医療情報技術の米オールスクリプツは、同社の電子医療記録(EHR)システム「サンライズ・アキュート・ケア」をフィリピンのセントルークス医療センターが急性期医療向けに採用したと発表した。同システムは総合的な分析機能を備えたシングルプラットフォームとして、医療のあらゆる側面をつなぐほか、個別化医療を提供する上で役立つ。(C)時事通信社