キヤノンは1日、京都大学iPS細胞研究所と患者本人の細胞から作ることで拒絶反応などのリスクを減らす人工多能性幹細胞(iPS細胞)の分野で共同研究を開始したと発表した。 (C)時事通信社