厚生労働省は4日、エボラ出血熱が流行するアフリカ中部コンゴから帰国し、埼玉県内に滞在していた70代女性が発熱を訴えたため、エボラ出血熱感染の有無を検査した結果、ウイルスは検出されなかったと発表した。インフルエンザの陽性反応が出ており、現地で患者との接触はないと話していたという。
 厚労省によると、女性は半年以上にわたり仕事でコンゴに滞在し、7月31日に帰国。今月3日午前5時に38.2度の発熱があった。同省が女性の血液を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に送り調べた。 (C)時事通信社