総務省消防庁は6日、7月29日~8月4日の1週間に熱中症で救急搬送された人が今年最多の1万8347人(速報値)に上ったと発表した。前週の5664人と比べ約3.2倍に増加。死者は57人だった。35度以上の猛暑日を記録する地点が相次ぐなど、全国的に猛烈な暑さが続いたため。
 搬送者のうち、65歳以上の高齢者が54.3%を占めた。3週間以上の入院が必要な重症は729人。熱中症の発生場所で最も多かったのは住居で41.0%だった。
 都道府県別では東京の1857人が最も多く、愛知1342人、埼玉1307人と続いた。
 消防庁は、今後も厳しい暑さが予想されるとして、小まめな水分補給や休憩などの対策を呼び掛けている。 (C)時事通信社