福井県は12日、越前市の養豚場で家畜伝染病「豚コレラ」の感染が新たに確認されたと発表した。県はこの養豚場で飼育されているすべての豚約600頭を15日までに殺処分する方針。昨年9月以降、岐阜県などで豚コレラの発生が相次いでおり、福井県でも、今年7月末に越前市内の別の養豚場で感染が確認されたばかりだった。 (C)時事通信社