国民健康保険の出産育児一時金をだまし取ったとして、神奈川、千葉両県警は22日、詐欺と詐欺未遂容疑で、ボリビア国籍の会社役員イシイ・コシオ・マリオ(51)=横浜市戸塚区=と、同じ国籍の派遣社員パンドゥロ・ペレス・マジェルリ(36)=群馬県太田市末広町=両容疑者を逮捕した。
 両県警はイシイ容疑者が制度を悪用して一時金の不正請求を繰り返し、関東、中部、近畿の各地方で計約40件、総額2000万円以上をだまし取っていたとみて調べを進めている。
 神奈川県警によると、2人は「間違いありません」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、2017年5月12日から6月13日までの間、パンドゥロ容疑者が海外で三つ子を出産したとする虚偽の申請書を千葉市に提出し、約121万円をだまし取った疑い。同年6月16日に同様の手口を使い群馬県太田市で約121万円をだまし取ろうとした疑い。
 県警国際捜査課によると、イシイ容疑者は、自宅で外国文書の翻訳や書類作成の代行業を経営。ボリビアの病院名などを記載したスタンプを作成した上、一時金受け取りに必要な出生証明書などの書類を偽造して自治体に提出していたという。 (C)時事通信社