さまざまな細胞に変わる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作り、けがや病気で角膜が傷ついた患者に移植する臨床研究を進めている大阪大は29日、患者1人に移植を行ったと発表した。iPS細胞から作った角膜の細胞を移植したのは世界で初めて。
 移植を受けたのは、角膜を作り出す幹細胞が失われ、角膜が濁って視力が低下する「角膜上皮幹細胞疲弊症」の40代の女性患者。阪大の西田幸二教授(眼科)らのチームは、京都大から健康な人のiPS細胞の提供を受け、角膜の細胞に変化させて、厚さ0.03~0.05ミリのシート状にした。移植手術は7月25日に阪大病院で、患者の左目に行った。
 チームによると、現時点で拒絶反応はみられず、患者は今月23日に退院。手術前は失明に近い状態だったが、日常生活に支障がない程度に視力が回復した。
 西田教授は、拒絶反応などで視力が再び低下する可能性もあるとし、「慎重に観察しなければならない」と話した。免疫抑制剤を投与しながら、安全性と効果を1年間調べる。
 チームは来年までに、さらに3人の成人患者に移植する計画。良い結果を得られれば企業と連携し、医療保険の適用を目指す臨床試験(治験)に移る考えで、西田教授は「今から5、6年で(細胞の)製造販売の承認を得られるよう努力したい」と話した。 (C)時事通信社