厚生労働省は29日、2018年に新たに分かったエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者が計1317人だったとする確定値を発表した。前年より72人減り、2年連続の減少となった。同省のエイズ動向委員会は「HIV感染症は予防が可能。保健所での相談や検査の機会を積極的に利用して」と訴えている。
 厚労省によると、内訳は、感染者が前年比36人減の940人、既に発症していた患者が36人減の377人。合計の国籍別では、日本国籍が50人減の1143人、外国籍が22人減の174人だった。 (C)時事通信社