鹿児島県出水市で、大塚璃愛来ちゃん(4)が母親の交際相手の男に殴られ、その後死亡した事件で、根本匠厚生労働相は6日、閣議後の記者会見で、全国の児童相談所が対応している育児放棄(ネグレクト)の全事案を緊急点検する方針を明らかにした。週明けにも、実施する。
 厚労省は鹿児島県に職員を派遣し、児相と自治体の連携に不備がなかったかなどを調査。その結果、幼児だけの夜間外出や家族形態の変化など、虐待リスクが高まる兆候が見られたのに適切な評価が行われていなかったほか、一時保護に関する方針が児相と出水市で十分に共有されていなかったことなどが確認された。 (C)時事通信社