10日午前10時半ごろ、滋賀県草津市集町の水田で稲刈りの校外学習中だった同市立笠縫東小の5年生10人が、頭痛や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、病院に搬送された。消防によると、熱中症とみられるが、いずれも意識はあり、命に別条はない。
 市教育委員会によると、児童は午前9時すぎに学校を出発し、約30分後に水田に到着。同50分ごろから稲刈りを始めたという。 (C)時事通信社