【ビジネスワイヤ】未対応医療ニーズに取り組む香港の知臨集団(NASDAQ:APM)は、黄色ブドウ球菌感染症の低分子治療薬候補「ALS-4」の新薬臨床試験開始届(IND)準備研究を開始したと発表した。ALS-4は宿主の活性酸素に対抗する同菌のスタフィロキサンチン色素の産生酵素を阻害する。そのためMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に対しても使用可能。既に毒性研究を完了済みで、同社は来年前半のIND申請を見込む。(C)時事通信社