【ニューデリー時事】インド政府は18日の閣議で、電子たばこの生産、輸出入、販売などを禁止する政令の公布を決めた。地元民放NDTVによると、即日発効される。シタラマン財務相は閣議後の記者会見で「若年層への健康リスクを避けるためだ」と説明した。
 シタラマン氏は「電子たばこの製造、輸出入、販売流通、貯蔵、広告を禁じる」と述べた。現在、インド国内で電子たばこの製造は行われていないものの、約400銘柄が出回っているという。
 地元紙ヒンドゥスタン・タイムズは、1度目の違反者は最長禁錮1年、2度目は同3年の処罰を受ける見通しと伝えた。 (C)時事通信社