【ビジネスワイヤ】ソレイジア・ファーマは、同社の新規抗がん剤「SP-02」(ダリナパルシン)で再発性・難治性末梢(まっしょう)性T細胞リンパ腫(PTCL)を治療する第2相臨床試験の患者組み入れが完了したと発表した。同試験は承認申請前の最終試験として設定され、日本、韓国、台湾、香港で進行中。SP-02は新規のミトコンドリア標的薬(有機ヒ素化合物)で、米国の第2相試験ではPTCLに対して臨床的効果を示した。(C)時事通信社