【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、社会的責任投資(SRI)指数「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス」の構成銘柄に初めて選定されたと発表した。同指数の構成銘柄は、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を基準に選定される。同社はサステナブルスコアで業界平均の2倍以上、医薬品アクセス改善スコアで業界平均の3倍以上を達成した。アジア版の「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」には10年連続で選定され、二つ以外にも六つのESG指数に選定されている。(C)時事通信社