自民党の石破茂元幹事長は20日、BSフジの番組で、政府の「全世代型社会保障検討会議」で議論する年金、医療、介護などの改革が政争の具になるのを避けるため、会議メンバーに、野党や労働組合の代表を加える必要があるとの考えを示した。石破氏は「争点化しないことを党首会談でも何でもいいからきちんと決めるべきだ」と強調。「医療、介護を受ける側の気持ちもきちんと受け止めて会議を進めないと、『ちょっと違う』という感覚を持つ国民が多くなる」とも語った。 (C)時事通信社