武田コンシューマーヘルスケア(東京)と東亜薬品工業(同)、帝人、森永乳業の4社は24日、大腸のケアが健康に寄与することを啓発する共同事業体「大腸活コンソーシアム」を設立したと発表した。医薬品や食品の業界を超えて連携し、大腸内の環境改善の重要性をアピールする。 (C)時事通信社