【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全運動財団は、世界保健機関(WHO)が定めた世界患者安全デー(9/17)に、年央計画会議を開催したと発表した。会議は、病院での予防可能な死亡を根絶するための計画立案が目的。7カ国から患者安全分野の関係者100人以上が参加した。ブレークアウト・セッションでは、薬剤の安全性とオピオイドの安全性、新生児における気道の安全、敗血症の早期発見と治療など、10項目について検討。会議には、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長が特別ビデオメッセージを寄せた。(C)時事通信社