【ビジネスワイヤ】製薬会社の米インサイトは、白斑の青年・成人患者を同社のルキソリチニブ・クリームで治療する第3相TRuE-V臨床試験プログラムで最初の患者が治療を受けたと発表した。ルキソリチニブはJAK1とJAK2の選択的阻害薬。同プログラムは2件の第3相試験で構成され、単剤療法としてのルキソリチニブ・クリームの安全性と有効性を評価する。現在、米国と欧州で承認された白斑治療薬は存在しない。(C)時事通信社