高知県立あき総合病院(同県安芸市)は3日、80代の男性患者の肺がんの疑いを見落とし、男性が死亡する医療事故があったと発表した。病院はミスを認め、親族に謝罪した。
 病院によると、男性は腹痛を訴え2016年12月に内科を受診。コンピューター断層撮影(CT)を受け、総胆管結石などと診断された。この際、放射線科医が画像診断報告書に「肺がんの疑い」と所見を記載したが、内科医が見落とした。
 男性は18年11月に肺がんが見つかり、今年3月、転院先で死亡した。報告書を見た他の医師も、記述を見落としていたという。 (C)時事通信社