スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル医学生理学賞を、細胞が酸素欠乏に対応する「低酸素応答」のメカニズムを解明した米ジョンズ・ホプキンス大のグレッグ・セメンザ教授ら米英3氏に授与すると発表した。
 他の2人は英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ博士、米ハーバード大のウィリアム・ケリン教授。
 酸素が欠乏すると、動物は体内の赤血球を増やすホルモンを分泌するなどして対応するが、その仕組みは詳しく分かっていなかった。
 セメンザ教授は低酸素時に造血ホルモン産生を促進するたんぱく質「HIF-1α」を発見。さらに、ケリン教授は、がんを抑制する遺伝子「VHL」がHIF-1αの分解に関わっていることなどを明らかにした。ラトクリフ氏は酸素が十分にある時は、VHLがHIF-1αと結合して速やかに分解し、低酸素応答を起こさないことを突き止めた。
 がん細胞は、低酸素応答を利用して血管を形成し、自らを効果的に増殖させていることなども分かってきている。カロリンスカ研究所は授賞理由で「彼らの発見は貧血やがん、その他多くの病気と闘うための有望な戦略への道を開いた」と成果をたたえた。
 授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。賞金900万スウェーデンクローナ(約1億円)は各氏に3分の1ずつ贈られる。 (C)時事通信社