富士フイルムホールディングスは16日、「令和元年台風第15号」と「第19号」の被災地・被災者への救済義援金として合計1500万円と感染症予防のための物資の支援を発表した。グループ会社の富士フイルムから1000万円、富士ゼロックスから500万円を集めた義援金は認定NPO法人ジャパンプラットフォームに寄付する予定。 (C)時事通信社