発達に課題がある児童らが利用する施設で男児を床に倒し頭部骨折のけがをさせたとして、警視庁小岩署は21日、傷害容疑で施設役員の田辺勇太容疑者(32)=東京都江戸川区北小岩=を逮捕した。「腕にかみついたので投げた」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は5月1日午後1時半ごろ、同区の児童デイサービス「生活塾みずならの木」で、小学5年生の男児(10)を床に倒し、後頭部骨折など全治3カ月の傷害を負わせた疑い。
 同署によると、田辺容疑者は自分の上着を男児の頭にかぶせて目隠しし、足を払って床に倒したという。当初は親に対し「自分の服を脱ごうとしたら男児が袖につかまっており、勝手に倒れた」と虚偽の説明をしていた。男児は「タックルされた」とも話している。
 東京都によると、施設からは事故として報告が上がっていた。施設代表の女性は取材に「弁護士に相談しているのでお答えできない」と話した。 (C)時事通信社