【ビジネスワイヤ】呼吸器疾患治療向けクラウド接続デバイスの米レスメドは、デジタル医療技術に関する意識調査の結果を発表した。調査は米国の3000人を対象に、調査会社の米エデルマン・インテリジェンスと提携して実施。調査対象の56%は1種類以上のデジタルデータ収集ツールで自分の健康状態をチェックしている。インターネットで症状の情報を収集しているのは60%に上る。半数以上は技術によって一次医療提供者との関係が改善したと回答した。(C)時事通信社