横浜市立大学付属病院は24日、70代の男性患者の動脈瘤(りゅう)破裂の可能性を見落とし、死亡させる医療事故があったと発表した。病院はミスを認め、親族に謝罪した。
 病院によると、腎臓病などで同院を受診していた男性は2017年6月、コンピューター断層撮影(CT)を行い、放射線科の医師が報告書に骨盤内の動脈瘤が「増大」と記載したが、主治医である腎臓内科の医師は記載内容を見落とした。男性は今年9月に意識消失し、同院に救急搬送されたが、動脈瘤破裂で出血が止まらず死亡した。同院は組織としての確認体制も整っていなかったという。
 相原道子院長は「破裂の予防につながる対応を取る機会を逸したことが原因」と過失を認め、「患者、家族におわび申し上げるとともに、市民の信頼を損ね、申し訳ない」と謝罪した。
 同院では17年10月、腎臓がんの疑いを示す検査結果が主治医に伝わらず、60代の男性患者が死亡する事故が起きている。 (C)時事通信社