オリンパスは25日、内視鏡外科手術の安全性や効率性を向上させる「情報支援内視鏡外科手術システム」を開発すると発表した。国立がん研究センター東病院などとの協業で、2024年度以降の実用化を目指す。 (C)時事通信社