【グローブニューズワイヤ】Crown・Bioscience(クラウンバイオ)は、創薬研究において臨床予測性が高い患者由来異種移植(patient・derived・xenograft=PDX)モデルを新たに提供すべく、NEXT・Oncologyとの戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。この契約により、クラウンバイオは今後5年間にわたり、NEXT・Oncologyが開発するすべての原発腫瘍PDXモデルの世界的な独占的商業パートナーとなる。NEXT・OncologyのPDXモデルは早期臨床試験への参加を検討する患者の細胞を用いて開発され、最新の標的療法及び免疫療法の薬剤耐性メカニズムに特化して解析される。今後5年間で350のPDXモデルが提供され、各モデルには重要な解析情報と関連する患者の臨床情報がひもづけられる。(C)時事通信社