公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、2019年7~9月期の運用黒字が1兆8058億円になったと発表した。運用収益率は1.14%で、3四半期連続のプラス。国内の株価上昇で収益を伸ばした。ただ、これまで公表していた保有資産の構成比や、資産別の収益額は開示しなかった。 (C)時事通信社