アルツハイマー病患者では細胞間の情報伝達を担う「エクソソーム」と呼ばれる小胞が減る現象に注目し、血液検査で早期に診断できることを発見したと、名古屋市立大や大分大などの研究チームが5日発表した。
 この小胞はたんぱく質の「フロチリン」が目印になるため、血液に含まれるフロチリンの量が健常者よりどれぐらい減っているかを調べる。
 名古屋市立大の道川誠教授は「血液1滴以下でフロチリンを検出し、アルツハイマー病やその前段階の軽度認知症を診断できる」と説明。企業と検出法の改良に取り組んでおり、陽電子放射断層撮影(PET)検査などより簡便で安い診断法として実用化を目指すという。
 アルツハイマー病患者の脳では、発症する20年以上前から原因たんぱく質「アミロイドベータ」が凝集、沈着し始めることが知られている。道川教授らは患者のPET検査の結果、沈着が進むほど、神経などの細胞から分泌される小胞のエクソソームが減り、目印となるフロチリンの脳脊髄液や血清中の量が少なくなることを発見した。 (C)時事通信社