【ビジネスワイヤ】米化粧品直販会社メアリー・ケイの慈善組織のメアリー・ケイ財団は、今年の助成金として米国内のがん研究と家庭内暴力シェルターへ310万ドルを授与したと発表した。米国内の家庭内暴力シェルター100カ所に2万ドルずつ、合計200万ドルが授与され、必要経費や施設の改良などに充当される。がん研究については、ケース・ウエスタン・リザーブ大学医学部など、米国内のがん研究機関11カ所に助成金10万ドルずつが授与され、乳がん根絶などに向けた革新的な研究に活用される。(C)時事通信社