京都府立医科大の研究チームは11日、神経細胞が死に、全身の筋力が弱っていく難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の脳脊髄液から2種類のたんぱく質を測定することに成功し、正確で迅速にALSと診断できたと発表した。
 ALSは、経験ある専門医でないと診断が難しく、確定に時間がかかる。これまでにTDP―43やNfLといったたんぱく質の濃度で診断できると指摘されていたが、測定が難しかった。
 研究チームは、微量のたんぱく質を測定できる技術を活用。ALS患者とALSに似た障害の患者など2集団計150人で、髄液中のTDP―43とNfLの濃度を測定し、比較した。 (C)時事通信社