地域医療体制の見直しをめぐり、国と地方自治体の代表が話し合う会合が12日、東京都内で開かれた。厚生労働省は、地方側が求める民間病院の診療実績データに関し、公立・公的病院との競合状況を「見える化」する形で提示すると表明。これにより、公立・公的だけでなく民間病院を含めて、再編統合の議論を進める環境が整うことになった。
 また、厚労省は年末の2020年度予算編成に向け、病床の削減や転換を進める病院への支援策を総務省と連携して検討する意向も示した。
 厚労省が、診療実績などから再編や統合、規模縮小の議論が必要な424の公立・公的病院のリストを公表したことに対し、各地で反発が相次ぐ中、全国知事会の代表として出席した平井伸治鳥取県知事は「地域に大変な混乱を招いている」と指摘。その上で、国の説明について「地域の話し合いや改革を後押しする姿勢が見えてきた。前進かなと思う」と評価した。 (C)時事通信社