【ビジネスワイヤ】分子診断技術の豪SpeeDxと、同業の英QuantuMDxは、貧困層向け診断薬開発の非営利組織FINDと提携したと発表した。SpeeDxは、抗生物質耐性・感受性マーカーを利用した性感染症(STI)向け検査キットを手掛ける。QuantuMDxは、試料採取から結果分析までをこなす分子検査技術を持つ。両社は、淋病やマイコプラズマ・ジェニタリウムを含む一般的な性感染症を対象に、迅速で低コストの検査法の実現可能性を検討していく。(C)時事通信社