政府は19日の閣議で、ハンセン病元患者家族に最大180万円を支給する補償法について、22日に施行すると決定した。厚生労働省は同日から補償金の申請受け付けを開始する。
 申請は法施行から5年以内を期限とし、厚労相が認定する。補償額は元患者の親や子、配偶者に180万円、きょうだいや同居のおいやめい、孫、ひ孫らに130万円。同省によると、早ければ来年1月末に支給される。
 同省は22日以降、申請に関する電話相談窓口を開設する。 (C)時事通信社