京都大付属病院(京都市左京区)は19日、心不全で入院していた男性患者に誤って高濃度の薬剤を投与し、6日後に死亡したと発表した。救命措置の際も、服用している薬を確認しなかったため出血が止まらなかったとし、宮本享病院長は「二重三重のミスが重なり、最悪の事態を招いた。深く反省し再発防止に努める」と謝罪した。
 京大病院によると、男性はコンピューター断層撮影(CT)検査を受ける際、障害がある腎機能への副作用を抑える必要があった。このため担当医は炭酸水素ナトリウムを処方しようとしたが、濃度が6.7倍の別の薬剤を処方したという。
 男性は「医師を呼んでほしい」などと痛みを訴えていたが、点滴は続けられ心停止した。蘇生措置で心拍は再開したが、駆け付けた医師らは男性が血液を固まりにくくする薬を服用していたことに気付かず、肺の出血が続いて多臓器不全で死亡した。
 京大病院は、電子カルテ内の薬剤名を変更するなどの再発防止策を講じたと説明。男性の年齢や誤投与の時期については、家族の意向を理由に明らかにしなかった。 (C)時事通信社