安倍晋三首相は20日、「全世代型社会保障改革」をめぐり、首相官邸でパート労働者や高齢者、若者らと意見交換した。首相は社会保障制度の維持について「いろんな方々が能力を生かせる社会をつくることで初めて可能になる」と指摘。高齢者や女性も「支え手」に回ってもらうため、年金制度改革などを進める考えを重ねて示した。 (C)時事通信社