トヨタ自動車は、下肢まひの患者用のリハビリ支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」の受注を開始した。来年2月の納入を予定。患者の状態に合わせた歩行補助やゲーム機能を採り入れることで、療法士の業務負担低減と患者の効率的な歩行練習ができるという。医療機関向けに年間50台の販売を目指す。希望小売価格は2585万円。 (C)時事通信社