鹿児島市は28日、市内の研究施設で動物実験に携わる技術員1人が、脳炎などを引き起こす「Bウイルス」に感染したと発表した。市によると、Bウイルスはアカゲザルなど一部のサルに引っかかれるなどして感染するが、国内での確認は初めて。市は「施設が適切な対策を行っており、感染拡大の恐れはない」としている。
 市によると、Bウイルスは脳炎や接触部位のまひなどを引き起こす恐れがあり、世界で約50例が確認されている。
 感染したのは医薬品開発受託・研究会社「新日本科学」の市内にある研究施設の技術員で、2月に頭痛や発熱を訴えて医療機関を受診。11月上旬にBウイルスの感染が確認された。技術員は動物実験を補助していたが、サルに引っかかれるなどした記憶はないという。
 新日本科学によると、技術員は防護服を着て実験に当たっていたといい、「防護対策や管理体制をさらに強化する」とコメントした。 (C)時事通信社