大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのグループは29日、心臓の血管が詰まる虚血性心筋症の患者の心臓に、脂肪から採取した幹細胞をスプレーで吹き付け、血管を再生させる治験を始めたと発表した。
 冠動脈バイパス手術をする際、他人の脂肪組織から採取した幹細胞を血液製剤と共に、心臓表面にスプレーで数十秒間、吹き付ける。表面の血管を再生させ、心機能の改善を図る治療法につなげたい考え。
 人体から採取しやすい脂肪組織の細胞を使うため、低コストで拒絶反応も起こりにくいという。対象は成人患者6人で、治験期間は2年間。 (C)時事通信社