【ビジネスワイヤ】精密医療・生命工学企業の韓国マクロジェン(KOSDAQ:038290)とソウル大学ブンダン病院は、東北アジア最大規模のリファレンスゲノムデータベース「NARD」(https://nard.macrogen.com)を公開したと発表した。NARDは韓国人、モンゴル人、日本人、中国人、香港人など計1779人の全ゲノムシーケンス情報を含む。世界最大規模のリファレンスゲノムデータベースHRCは東北アジア人の比重が約1%にすぎない。NARDによって東北アジア人を対象とするゲノム解析の精度が向上し、オーダーメード診断法の開発に貢献する。1万人規模の2次データベースを来年初めに公開する予定。(C)時事通信社