京都市の中心地、四条河原町にホテルと店舗を併設した複合型商業施設「グッドネイチャーステーション」が9日、開業した。環境や健康を意識した生活スタイルをテーマとした施設で、オーガニック食品や自然由来の化粧品などを販売。健康志向の女性をはじめ幅広い顧客の取り込みを図る。
 地上9階建てで、1~3階はマーケットやレストラン、エステサロンといった店舗が入り、京阪HDが手掛けるオリジナル化粧品や無農薬無添加の食品などを販売する。
 4~9階は141室のホテル。環境に配慮し、客室にはヘアブラシや歯ブラシなどを置かず、プラスチックの削減を推進。また、4階に設けられた中庭で、ヨガなどを体験できるプログラムを設ける。
 開業を前に開かれた内覧会で京阪HDの加藤好文会長は「(環境や健康を意識した)ビオスタイルを京都の一等地から世界に発信していきたい」とあいさつ。出席した門川大作市長は「ワクワクしている。健康で美しく、クオリティーの高い生活を目指し、同時に環境にやさしい暮らしを追求することは非常に素晴らしい」と話し、施設のテーマに賛同した。 (C)時事通信社