自民党は10日、政府が掲げる全世代型社会保障を議論する「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長)の会合を党本部で開き、党提言の原案を示した。所得や資産に応じて負担を求める「応能負担」を徹底すべきだと明記した。
 原案は、社会保障制度について「給付は高齢者中心、負担は現役世代中心」という構造を見直すよう主張。負担能力に応じて高齢者も「支え手」に回ってもらう仕組みに改める必要性を強調し、出席者もおおむね同意した。 (C)時事通信社