休業中だった夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子の宮川花子さん(65)が11日、大阪市で記者会見し、6月から血液のがんの一種、症候性多発性骨髄腫のため入院し、化学療法などの治療を受けていることを公表した。
 同席した医師によると、現在は回復に向かっており、今後は舞台復帰を目指し、リハビリを続けるという。
 隣で涙を見せながら経緯を説明する夫の大助さん(70)に対し、花子さんは「自分が泣くのは舞台に復帰して感謝の涙を流す時」と気丈に語った。 (C)時事通信社