自民党は17日、政府が掲げる全世代型社会保障を議論する「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長)の会合を党本部で開き、政府への提言を取りまとめた。焦点となっている75歳以上の医療費窓口負担割合について、「一定所得以上の高齢者に限って引き上げる」として「応能負担」の原則を明記。ただ、政府が検討している現行1割から2割への引き上げは、異論に配慮して記載を見送った。 (C)時事通信社