公明党の石田祝稔政調会長らは18日、安倍晋三首相と首相官邸で面会し、政府が掲げる全世代型社会保障に関する党の中間提言を手渡した。75歳以上の医療費窓口負担について「原則1割という仕組みを基本とし、能力に応じた負担という観点に立って慎重に検討するべきだ」と明記。首相は「提言を踏まえて、しっかりと議論、検討を進めていきたい」と応じた。
 出席者によると、首相は75歳以上の窓口負担に関し、「慎重に検討している。丁寧に議論していきたい」と語った。 (C)時事通信社