日立製作所は18日、東証1部上場の化学子会社日立化成を昭和電工に、画像診断機器事業を富士フイルムホールディングス(HD)にそれぞれ売却すると発表した。売却総額は7000億円規模となる。日立は2021年度までの3カ年で、グループ事業の再編を加速。売却などで得た資金を成長の柱とするIoT(モノのインターネット)関連の研究開発や企業の合併・買収(M&A)に投じる。
 日立の西野寿一副社長は記者会見し、「選択と集中を一層進めることでデジタル分野に力を入れていく」と強調した。同社は日立化成株売却などに伴い、20年3月期通期の連結純利益予想を1700億円(従来予想は3600億円)に下方修正した。 (C)時事通信社