政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)は19日、次世代型行政サービスや社会保障などに関する新たな改革工程表(2020~22年度)をまとめた。安倍首相は西村康稔経済財政担当相に対し、「この工程表を変えずに改革を力強く推進していただきたい」と指示した。
 安倍首相は東京五輪・パラリンピックが開かれる20年について、「新しい時代への躍動感あふれる中で、新しい国造りを力強く進めていく」と表明。諮問会議が政策運営の先導役を果たせるよう「来年もさらに活発な議論をお願いしたい」と語った。 (C)時事通信社