【ニューヨーク時事】カナダのハイドゥ保健相は19日、若年層の間で電子たばこが急速に拡散していることを受け、インターネットや公共の場所を含め若者が見たり聞いたりできる場所での電子たばこ広告を禁止すると発表した。今後広告は、成人向けのウェブサイトや専門店などに限定される。
 カナダの統計によると、過去30日間に電子たばこを使用したことがあると回答した中高生は2018~19年は20%に上り、16~17年の10%から倍増。保健相は「危機感を覚えている」と表明した。 (C)時事通信社